DISCOVERY

【Directual】ノーコードのApiサーバー構築サービス


Directualとは

Directualとは、ノーコードでApiサーバーを構築できるサービスです。

Directual上にDBの機能があるので、クラウドデータベースとも言えるかもしれません。

基本的な操作はDirectualのサイト上で行い、DBとの連携は、Directualにて作成したApiを用いて行います。

このサービスの特徴について、下記に記載致します。

特徴

Directualの機能は下記となります。

  • Apiのエンドポイントを利用したDB
  • ノーコードでのバックエンド処理
  • DB内のデータ構造作成

Apiのエンドポイントを利用したDB

Directualでは、エンドポイント名や、受け取るデータの名前、データ構造等をドロップダウンリスト等から選択するだけで、Apiのエンドポイントを作成できます。

指定された情報を設定するだけでApiサーバーが構築可能です。

ノーコードでのバックエンド処理

Directualでは、scenariosという機能を使用することにより、

受け取ったデータ、DB内のデータに対して特定の処理を行うことが可能です。

バックエンド処理の実行は、下記タイミングから選択することが可能です。

  • 新規レコードをDBに挿入した時
  • 既存レコードが変更された時
  • スケジューリング、または、手動実行

scenariosの詳細に関しては長くなりそうなので、また別記事で紹介しようかと思います。

DB内のデータ構造作成

Apiのエンドポイントを作成する際に指定するデータ構造は自作することも可能です。

Direcutal上でDBの操作も可能なので、新規でテーブルを作成することでカラム設定がデータ構造として読み込まれます。

ノーコードでありながら、非常に自由度の高いサービスかと思います。

カラム設定としては、文字列を入れるカラム、numberを入れるカラム、と通常のDBに備わっている設定に加え、htmlを入れるカラム、jsonを入れるカラム、といった独自の設定ができます。

intやfloatのような、細かな違いのあるデータ種別はnumberというデータ種別に統合されております。

※その他、統合されているデータ種別は多々ございます。

料金

Directualには下記4つのプランが存在します。

  • Free
  • Startup
  • Pro
  • Business

初期状態では無料のFreeプランが設定されておりますが、Freeプランでは3つまでしかApiエンドポイントとscenariosを作成することができません。

Startupプランは$29/月、Proプランは$99/月、Businessプランは$300/月となっており、Startupプランから、無制限にエンドポイントとscenariosを作成することができます。

Freeプランは無料のため、気になった方はまずこちらで試すというのが良いかと思います。

おわりに

この記事では、ノーコードでApiサーバーを構築できるDirectualについて紹介しました。

簡単にApiサーバー、DBを構築でき、料金も手頃でFreeプランでテストまで出来るため、おすすめなサービスです。